『アフィリエイトの、「アフィリーガル」』を販売している販売業者 の株式会社Catch theWebってどんな会社?

afirigal未分類
afirigal

管理人の、ケイスケです。

さて今回は『アフィリエイトの、「アフィリーガル」』という商材について取り上げたいと思います。

先ずは、アフィリーガルは、ざっくりいうと薬機法をアフィリエイター向けに説明した、オンラインセミナー動画になります。

特定商取引法に基づく表記

販売業者名株式会社Catch the Web
運営統括責任者松井宏晃
所在地〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9 フォーレ湘南台5F 501号室
電話番号0466−21−8884
アドレスinfo@affilegal.com
販売URLhttp://ctw-service.net/product/affilegal/infotop/top.html

商法はしっかりしているようです。
特に問題はありません。

『アフィリエイトの、「アフィリーガル」』の概要

この商材のセールスレターは

アフィリエイターが薬機法を習得するためのオンラインセミナーの動画商材で

  • クライアントやASPから信頼できるアフィリエイターと認定される
  • ASPから案件紹介が入ってくるようになる
  • クライアントから指名が入ってくる
  • 法に触れたアフィリエイターが淘汰されても生き残っていける
  • 罰則を受ける心配をせずにビジネスを続けられる
  • 後ろめたさがなくなり、胸を張ってアフィリエイトに取り組め
  • これまでにはなかった人生の充実感を得る

アフィリエイターが薬機法、安心して仕事ができるとの事でつまりアフィリエイター保険みたいなものでしょうか。
いろんな商売がありますね。

アフィリエイトの、「アフィリーガル」』の評判・口コミ・ネタバレ

評価する基準を判断できるのコメントを、いくつか見つけました。

販売業者 株式会社Catch the Webの口コミ

⑴ Catch the Web(キャッチザウェブ)の商品を買うと、勝手に月額7,800円が自 動更新で引き落とされる仕組みです。
メルマガがもの凄い送られてそれらを解除すると、迷惑 メールが日に50件来ます。
電話には誰も出ません。
裏で糸を引いている人もいるのではないでしょうか。
⑵ Catch the Webから勝手に自動引き落としされて気付いていない人は1,000人 以上いるということが分かりました!
(元Catch the Web関係者)また気付いているけど解除できない人(お人よし や気が弱い人)を合わせると1,500人以上。なんと月額で8,000万円以上が自 動的に売上っているのです!

出典https://www.kabukomi.com/buzz.html?site_id=com143

株式会社Catch the Webの松井宏晃に対する口コミ

松井宏晃がファーストペンギン(インフォトップ)と組んでアフィリエイトのセミナーを開催します。
確かにファーストペンギンは業界最大手だし参加費もたった3000円。
検討している人も多いでしょうが少し待ってください。
結局の所、「根拠なく煽りまくって情報商材をアフィリエイトしよう」というお話しです。
これはもちろん言うまでもなく人の道に反する商売です。
実際、株式会社Catch the Webの松井宏晃は、脱税で摘発されたFX-JINのくだらないFX情報商材をアフィリエイトしていました。それだけでもはありません。
株式会社Catch the Webの商材を購入するとお金が勝手に毎月引き下ろされてしまいます。
電話にも出ないようです...

出典 https://komeda.shop/review/2019/01/catch-the-web-2.php

アフィリエイトの、「アフィリーガル」』 まとめ

まずこの商材は、だれがこうのでしょうか。

どう考えてもこのアフィリエイトの、「アフィリーガル」を販売している販売元だけが儲ける仕組みですね。
そして、アフェリエーターだけがせっせと仕事して保険を払うようなものです:
「とにかく解らない商材は自分で理解できるまで検索をしよう」と説明しているブログがたくさんありますが、これは半分正解で半分間違いです。
検索して、ヒットした先のブログが、実はその商材を販売している会社が制作したブログだったりします。
また、この教材に限らず内容は豊富だが、覚えることが多く途中で挫折してしまう可能性が大いにあり得ます。
電話に出ない事も多く、サポート体制が不十分で、今回は直接稼げる教材ではないですが、内容が難しい場合も多いです。

このような商材では、中立の立場で運営しているサイトは少ないですが、一歩立ち止まって自身の目で見極めましょう。

以上、副業ラボのケイスケでした。

タイトルとURLをコピーしました